前へ
次へ

中国語の学習は視覚情報を活用しよう

日本とは別の言語を勉強する人は多くいますが、その中の1つとして中国語があります。ビジネス面でも有効的な言語になるので、習得するために学ぶ人もたくさんいます。では実際に中国語を学習する場合ですが、やはりポイントを抑えて勉強するのが重要になってきます。実際に効率的な勉強方法の1つとして視覚情報を有効的に活用する方法があります。日本人が日本語で話しをする際に、言葉1つ1つを考えて話す人はいません。もちろん日本語での会話をきいても頭で考えて理解するのではなく、自然と頭の中で言葉がイメージされていきます。そのため中国の言葉を見た時に、言葉の意味を考えるのではなく視覚的にとらえて脳でイメージするように工夫すると良いです。リンゴの絵を見ながら中国の言葉で書かれたリンゴという意味の単語を見ていきます。視覚でとらえてイメージづけられるように工夫することで、より脳内で覚えやすくなります。学習しながら脳でイメージを繰り返すことで、より効果的に習得することに繋がらります。

Page Top